2013年01月22日

初心者のギター選び・コツのコツA〜アコギ編〜

icon_135.gif初心者のギター選び・コツのコツA〜アコギ編〜

@からつづく)

合板よりは単板が望ましい傾向にあるアコースティック・ギターですが、あまりに安価な総単板を見かけたらちょっと注意。少し難しくなりますが、こんな話もちょっと頭の片隅に入れておくと良いようです。

Y氏「それから細かい話を少しだけ。箱モノのギターは柔らかい木を薄くスライス、シェイプして箱にしているので、割れ止めの観点からもブリッジやサウンドホール付近に "ブレイシング" という力木を接着して補強しています。トップ材裏(表板の裏面)に力木を接着するということは、板を振動させるという意味では邪魔になるため、この力木は少ない量を適正な配列で入れることが良い音を出すために重要になってくるのですが、安価な総単板のギターなんかだとブレイシング加工が上手くないケースがある。特に単板は合板に比べると変形しやすいから、それを防ぐために厚めのブレイシングを接着していることがあるんだよね。そうすると、単板を使っていても音の鳴らないギターになってしまいます。乾燥も進んでいないから音も重いしね。」

Y氏「塗装についても同じことが言えます。光沢はあるけれども塗装が厚過ぎて表板が振動しづらいと、見た目はキレイでも鳴らなければ意味ないしね。」

もちろん、総単板のギターがリーズナブルな価格で販売されるようなこともあるようです。「総単板だから良い」と一概に思い込まずに、常に音を出してもらって、良く鳴るかな? 自分はその音が好きかな? と、自分の耳で確認することが大事なのは言うまでもありません。


初心者がアコースティック・ギターを買うときに失敗しないコツはあるでしょうか?

Y氏「そうですね…最近は便利になってネットや通販でギターを買うことも出来るけれど、楽器屋さんに足を運んで、手に取って音を鳴らして選ぶことも大切ですよ。店員さんとのコミュニケーションで、楽器の情報を教えてもらうことも出来ますからね。同じ品番のギターでも個体差があるということも知っていて欲しいです。鳴らした音が気に入るかどうか?愛着を持てるかどうか?を一番に考えることかな。外国の有名ブランドにこだわらず、国産でも老舗と言われるようなメーカーを選ぶのも良いと思いますよ。」


いかがでしたでしょうか? ギター選びの際に役立てていただけたら幸いです。

次回Bからは「エレキ編」。エレクトリック・ギター(ソリッド)選びのコツのコツです。どうぞお楽しみに!(掲載は約2週間後です)


posted by A.C. at 00:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: