2013年02月15日

初心者のギター選び・コツのコツD〜エレキ編〜

icon_135.gif初心者のギター選び・コツのコツD〜エレキ編〜


…Cからつづく)

廉価なエレクトリック・ギターではどんな木を使っているか公表していない場合も多いですが、最近はメーカー発表で木の種類がはっきりしているような場合もあるようです。「木の種類なんかイチイチ気にしないよ」という声もあるかと思いますが、さて、どんな木が使われているのでしょう? 

Y氏「高価なスタンダードのソリッドにはアッシュ、アルダーなどの木が使われますが、こういうのが廉価版に使われることは無い場合がほとんどです。だけどこれらの代用としてオリジナルの有名メーカーでも使用している木というのがあって、バスウッドやホワイトウッドと呼ばれるものなどがそう。これらはもちろん高い材料ではないのだけれど、コピーものギターであっても、これらの木が使われていれば悪くはないんじゃないかな。高級材マホガニーに対しては、ブビンガという木が代用されますね。」


手に入りやすく気に入ったギターに出会えるためのちょっとしたヒントを考えてきましたが、「色々見たけど、やっぱりギターの作りまでは良く分からないし」「いきなり音で判断するのはちょっと自信が…」という場合は?

Y氏「そうですね、メーカーは特に挙げませんが有名ブランドが別ブランドを立ち上げて廉価版を出しているものがあります。そういうブランドから選べば間違いは少ないと思いますよ。また日本の楽器メーカーがコピー商品を企画して海外に作らせている場合は、検品などもしっかりしていることが多いと思います。」


最後に、エレクトリック・ギターの必需品といえるアンプについて。

Y氏「エレクトリック・ギターでも生音(アンプに繋げないで弾いたときの音)は少しは聞こえるから、アンプを持たずに練習を始める人も結構いると思います。ですが、やはり早い段階でアンプを通した音を聴けるようにした方が良いですね。最初は小さいもので良いから購入して、アンプの使い方にも慣れるようにしたら良いと思います。ギターの選び方のコツについて話しましたが、エレクトリックの場合は総合技で、最後はアンプからの出音、ということになってきますからね。」


タイプによってさまざまな個性を持っているので、種類を限らずに全般的な話になりましたがいかがでしたでしょうか?少しでも手に入りやすい、気に入ったギターを選ぶヒントとなれば幸いです。


次回からまた趣向を変えたテーマで掲載していきます。どうぞお楽しみに。


posted by A.C. at 14:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: