2011年12月12日

初心者が選ぶギターC

icon_135.gif初心者が選ぶギターC

(・・・Bから続く)

Y氏「でも廉価版が悪いかといえば、そんなこともない。"あのギターのあの音が欲しい!"という向きには応えられないけど、廉価版が安く出来るのは木材のせいばかりじゃなくて、人件費の安いところで大量生産をしている、という理由もあるからね。」

現在手に入る中でも"良い材料"を使って、安く製造したものであれば、廉価版として良いギターといえる、ということでしょうか?

Y氏「ただし、安く作ろうとするから丁寧な作り込みは出来なくなります。ネックなどのエッジ処理やフレットの調整など、昔は熟練者が手作業で行っていたところを、機械でやったり、あまり手間を掛けない方法で行うから、見た目や弾きやすさには影響が出ますね。」

安かろう、悪かろうってことには?

Y氏「心配なのは、しばらく使っていたらネックが反ってしまって弾きづらくなってしまった、とか、フレットの調整が上手くなくて弾きづらいとか。やはり、安いギターというのはそういう、弾きづらさ、調整の悪さというのは多い傾向があります。初心者がこういった障害に当たって思うように上達しない場合、そこでギターを嫌にならずに、"これはギターのせいかもしれない" と考えて、次のステップを踏めるかどうか。廉価版を買った人、買おうとしている人は、この点だけは認識しておいて欲しいですね。」

調整するには、楽器屋さんに持っていけば有料で(買ったばかりならば無料の場合も)やってくれます。場合によっては、調整費用も足すともっと高いギターが買えてしまうことも?

Y氏「だから当教室みたいに、ギターの弾き方を教えるだけでなく調整の方法も教えたり、有料であっても安く調整してくれるような場所に、買ったギターを持ち込むのが一番良いんですけどね。」

宣伝、失礼いたしました(^^;

Y氏「そりゃあ、高いギターの方が良いのは確か。音に関しては好き好きだけど、材や作り込み、調整という意味では。もしも"自分は最初の1本をずっと弾き続けると思う"という人なら、5万〜10万円の範囲から・・・さらに上も考えれば、まず安心だと思います。」

廉価版スチューデントモデルについてまとめると。

Y氏「永くギターをやっていると、色んなギターに魅力を感じてくると思うんだよね。だから必ずしも最初から良いギターじゃなくても良いと常々思っているけどね。廉価版の良いところは、ナット幅やスケールはオリジナルとほぼ同じだから、安い金額で楽器との付き合い方を覚えることが出来る、試せるというところ。自分の好みが分かる。安いからガンガン使って傷だらけになっても気にならないしね。だからお財布とも相談して、必ずしも本物じゃなきゃダメ、とかではなくて、考え方次第でコピーでも十分良いんじゃないかな、と思います。まず楽器を手にすることが重要ですね。」


いかがでしたでしょうか? 今回で『初心者が選ぶギター』は終了です。
次回は、また違うテーマで掲載します。 どうぞお楽しみに!


posted by A.C. at 23:56| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: