2011年12月12日

初心者が選ぶギターB

icon_135.gif初心者が選ぶギターB

(・・・Aから続く)

Y氏「最初に、今までの話と逆行するかも知れないけれど、最初はなんでも良いから、まずは買っちゃいなさい、ということも言えますね(笑) 近くに大きなお店がなければ、ある中から選ぶしかないしね。エレキギターに興味があったけど最初はアコースティックギターを買った、なんて人もいるんじゃないかな。」

種類を選ぶのはなかなか難しいですね。

Y氏「特に初心者の方で、ジャンルとか言われても良く分からない、という人もいると思うんだよね。以前教えたことのある方で、エレキギターで童謡をやりたい、という人もいました。だから、お店では必ず音を出してもらって気に入るかどうか、それから恥ずかしがらずに店員さんにアドバイスを求めることも重要ですね。最終的には値段で決める、ってことも多いと思います。」

値段で決めると廉価版ということに?

Y氏「廉価版って一般に安くて買いやすいけれど、手放される率も高い楽器なんだよね。私は今でも廉価版を買うことがあって、結構持ってますよ(笑) 改造や調整をしながら使っているけれど、愛着は沸くよね。だから手放すことってないですけど。」

廉価版はいわば、有名どころのギターのコピー。別メーカーから違う名前で出していることもあれば、オリジナルと同一メーカーが別ブランドを設けて、求めやすい価格で出していることもあります。

とても手が届きやすい楽器ですが、オリジナルと比べて何が違うのでしょうか?

Y氏「まず知っていて欲しいのは、古典的な方法で作っていた頃のギターの材料っていうのが、今はほとんど採れない、ワシントン条約で規制されていて伐採を禁止されているものがほとんどだと言うことなんだよね。現在出ているのは数十年前までに伐採して保管してある木材を小出しにしているものなので、木材がすごく高騰してしまう。ギターになったときに数十万円代のものでも、あまり良い材料ではない場合がある。」

この辺の高価な木材については、当ブログでも以前に触れました。

Y氏「廉価版っていうのは、流通に乗っていて手に入りやすい、大量消費に間に合うような安い木材を使っているというのが、ギターを安く出来る大きな理由の1つですね。」

木が違う、ということはすなわち、音も大きく影響を受けます。

・・・以下、Cに続きます。

posted by A.C. at 23:50| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: