2011年12月02日

初心者が選ぶギター@

icon_135.gif初心者が選ぶギター@

今回から『連載・ギター小噺』を独立ブログに移動して再開します。テーマは「初心者が選ぶギター」。

「ギターを始めてみたいけれど、どんなギターを選べば良いのだろう?」

こんなテーマを軸にして、対談等も交えながら数回に分けて掲載していきます。

まずは全般的なお話から。

アコースティックギター、エレクトリックギター、ガットギター(クラシックギター)。ギターは大雑把に分けてこの3種類になりますが、まずは「どんな音楽をやりたいのか」で、ギターを選ぶ方法があります。

「どんな音楽をやりたいか?」

これは目指す音楽のジャンルとも言えますが、誰かミュージシャンの人に影響を受けた場合なら一番分かりやすいですね。もしも特にそういう人がいるわけでもなく、音楽ジャンルも決まっていないという場合は、まず「自分がやりたい音楽」を決めることから始める事も良いかと思います。これが最初の1本を選ぶ決め手になる場合もありますし、目標を決めることは、やる気にも上達にもつながります。

「やりたいことはたくさんあるけど、目移りしてしまって・・・」という方もいらっしゃるかと思いますが、ここはひとつ「これにしよう!」という目標を、まずは設定したらいかがでしょうか?

目指す音楽が決まれば、どんなギターを選べば良いかはずっと簡単になります。好きなミュージシャンがいれば、そのミュージシャンが使っている楽器を見れば一目瞭然、同じギターを選べば良いわけです。楽器を見ても分からなければ「誰々(ミュージシャン)の使っているギターはどれですか」と楽器屋の店員さんに聞いてみる手もありますね。

しかしここで1つ問題が。プロミュージシャンの使っている楽器は一般に高価である場合が多く、高いものでは数十万、数百万という金額になることもあります。

もちろん初心者と言えど、どんなギターを買うかは自由です。お財布さえ許せば買いたいギターを買えば良いわけですが、あまりに高価なギターを買ってしまって「キズつけるのが怖くて練習できない・・・」などと本末転倒なことにもなりかねません。

そこで、代表的なギターを模した(それに近い)比較的安価なギターを選ぶ、という選択肢も登場してきます。

・・・以下、Aに続きます。
posted by A.C. at 17:33| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: