2011年11月23日

ギターと木の話@

icon_135.gifギターと木の話@〜ギターの材料の木〜

アコースティック・ギターはもちろん、メタリックに光るエレキギターもギターはほとんどが木製品。今回から数回に分けて、ギターと木にまつわる話を掲載していきます。

ギターに使われる木と言えば、北方の樹木 "マツ、トウヒ(スプルース)、カエデ(メープル)、スギ(シダー)" や、南方の "マホガニー、黒檀、ハカランダ" などが有名です。

マツ・・・といっても防風林に使われる赤松や盆栽の五葉松などではなく、エゾマツのようなトウヒ属と呼ばれる "真っ直ぐに" 伸びる木。クリスマスツリーの形をした針葉樹です。

建材などでもそうですが "曲がった木目" の材を使った場合、時間の経過にともなって「木目の曲がった方向へ・・・」と力が掛かってしまうので、結果、楽器の狂いに。トウヒ属は狂いが少ないうえ適度の柔らかさも兼ね備え「楽器がよく鳴る」ということでボディトップの材料として使われるのです。

CIMG7404.jpg
スプルースのボディトップ

カナダのメープルシロップで有名なメープルの木は、堅く、弦楽器のネックなどに使われます。メープルの楽器への使用は古く、昔ヨーロッパでガレー船のオールとして使われていたものをバイオリンの材料にしたとか。

CIMG7405.jpg
メープルのヘッドとネック

バイオリンの裏板には "トラ目" と呼ばれる筋(スジ)の入ったメープル材が使用されるようですが、もともと木の歪みの大きい部分。だから裏に使っていたのでしょうが、最近はこの模様の美しさが評価されギターのボディトップ材に利用されたりします。最も有名なのがギブソンのレスポールでしょうか。ちなみに「タイガーアイ」ではなく、トラ模様のことです(タイガーストライプとも)。

CIMG7406-small.jpg
ネックに近い方がトラ目、手前側がキルト模様。


次回は2週間後、現在のギターはどんな風に出来たのか?などなど お楽しみに!

posted by A.C. at 17:35| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: